▪始まりの終わりか?終わりの始まりか?コロナの時代はいつまで続く!

新型コロナウィルスによる感染症が発生してから1年が過ぎても、未だに感染拡大が収まらない新型コロナウィルスの脅威!

始まりの終わりか?終わりの始まりか?コロナの時代はいつまで続くのでしょうか?

年末年始に子供と会うことも自粛して、さらなる我慢と感染防止をしなければならないとは悲しい限りではありませんか。

神経をすり減らしながら感染予防に努めるのも疲れてきましたが、負けるわけにはいきません。

[1].我が家の新型コロナ感染防止は成功!

新型コロナウィルスの存在がクローズアップされたのは、昨年1月24日の「中国・武漢市のロックダウン」でしたが、まだ対岸の火事的な気分でした?

そして、2月には豪華クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号内での感染拡大。

その後、2カ月で世界中に感染拡大したため、4月5日に息子がカナダから帰国。

成田で検疫後に自宅で14日間の待機/我が家は政府より一足早く緊急事態宣言を発令!

政府は、4月7日(火)に東京都、大阪府など7都府県に緊急事態宣言を発出。

16日(木)には北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6道府県を特に重点的な対策を進める「特定警戒都道府県」と位置付ける。

当日の夜には全国に緊急事態宣言が発令され、期限は5月6日までと決まりました。

その後は、感染状況を見ながら部分的な解除を経て5月25日に1か月半ぶりに全国の解除となりました。

結果的には第一次緊急事態宣言は効果があったということでしょうか?

その間、我が家は老人世帯で私は基礎疾患があるので、息子の自宅待機を契機に、不要不急の外出を自粛し徹底した感染防止対策を実施しました。

この様な経緯があり、感染防止の意識が高まり、コロナ元年は家族が無事に年越し出来ました!

[2].コロナ時代の一年の計は!?

科学や医療や様々なテクノロジーが発達している今日でも、ウィルスを撃退できないもどかしさ!

しかし、科学や医療の発達や従事者のご苦労があって、現在ぎりぎりの状態で堪えているともいえるのではないだろうか?

医療現場が崩壊する前に、個々人が感染防止を徹底し、従事者の方々の苦労に報いるためにも「行動を自粛し、感染媒体にならないことが肝要」ではないか!

凡人にできることは、これしかないと思うので、政府や自治体に思うところがある人も、そうでない人も、反目や誹謗中傷を慎み難局を切り抜けるしかないと思います!

感染リスクを冒して対策なしで行動する人が増えれば、瞬く間に感染拡大して医療崩壊が起こり、コロナ以外でも死亡者数が増大し、人々の心も荒んでしまうかもしれません。

悪のスパイラルに陥ったら世界の終わりです!

それを防ぐには、個々人の理性にすがるだけでは、鎮静化は難しいと思います。

政府・自治体が無謀な人たちを完全にコントロールできるような強力な法改正を急いで欲しいものです。

[3].平和ボケの日本の危機管理!

このような未曽有の事態に直面して、どこの国の指導者もどう乗り切るか腐心しているのは同じだと思います。

今、緊急事態宣言の発出が遅かったとか言っても問題の解決にならないと思います。

後からなら誰でも言えることです。

この様な有事の時は、一国の指導者や国会議員、知事や公職についている方々、メディアの方々は庶民の模範となるような行動・言動をすることを望みます。

メディアの報道では、首相、担当大臣、感染拡大地域の知事などばかりが目立って、四苦八苦して顔色も優れず、疲れている様子しかうかがい知れません。

有権者が選んだ大多数の国会議員の先生方は、今どのような行動をしているのでしょうか?

与党も野党も、今後の政局に頭が行っているのかどうかは知れませんが、政府にどう協力しているのかまったく見えません。

庶民に感染防止をお願いするなら、国民が選んだ国会議員の先生方も政府に協力している姿を見せて欲しいものです!

報道の仕方や聴く側にも問題が有るのかも知れませんが、1日でも早く国会を開いて国民に範を示して欲しいものです。

今、世界の感染者は9,000万人を超え、死者は200万人に迫っています。

ウィルス変異種も発生し感染が急速に拡大しているとの報道もあります。

我が県も10万人当たりの感染者数が全国3位で緊急事態宣言の要請をしています。

コロナ自粛でストレスがたまったので想いを書かせてもらいました。ご容赦下さい!

[4].関連記事

▪新型コロナに打ち勝つための逆転の発想?逃げるが勝ちの境地になること!

コロナコロナ毎日コロナで前向きな黒やん69も、さすがに疲れが出てきました。

特に息子がカナダから帰還して、PCR検査結果は陰性でしたが14日間外出自粛期間でしたので我々も我慢の生活でリズムが狂ってしまったようです。

閉じこもっていると気が滅入ってしまいます。

👀関連記事👀 我が家は2週間前から緊急事態宣言を発令しています!?

[1]新型コロナに打ち勝つための発想の転換?

黒やん69は元来が生真面目な人間なのでコロナ対策には細心の注意を払ってきましたが、息子の帰還でさらに神経過敏になってしまいました。

特にウォーキングを日課にしていたので外出自粛は辛いものがあります。

我が家の緊急事態宣言が今月20日で解除になっても、緊急事態宣言が全国都道府県に及んでは気を抜くわけにはいきません。

しかしながら、こういう時こそブログを書くにはもってこいの環境のはずなのに気力が萎えてしまいとん挫気味です。

生活のリズムが狂うと精神的にも肉体的にもストレスが掛かり、このままではコロナにやられる前に自滅してしまいそうです。

この窮地を打開するには発想の転換が必要です。

1️⃣.結論は逃げるが勝ち!

見えない敵に抗っても勝てないなら、やり過ごす以外に方策はないでしょう。

感染予防対策を考えていたら感染リスクを「ゼロ」にはできないわけですから、神経質になり過ぎるのも考え物です。

いろいろ対策をすること自身がコロナに抗っていることになります。

そう考えたら、感染しないためには外出を控えて、感染媒体(人)に近寄らないことしかありません。

ランニングやウォーキングが出来ないとか言ってる場合ではありません。日常を取り戻せばいくらでもできるし、少しくらい運動を休んでも死にはしないでしょう。

諦めではなくて、戦っても見えない敵には勝てないということを悟ることで、気が楽になりました。

2️⃣.今の状況に合った生活のリズムを考える!

黒やん69は主夫1年生で、掃除、ゴミ出し、皿洗い、買い物などたいていのことをやってきましたが、コロナ騒ぎで行動を制約せざるを得ません。

息子からも、糖尿病患者は感染すると重症化するから、外に出るなと言われていますので、家族で話し合い買い物には行かないことにしました。

  • ①.感染リスクが高いスーパーでの食料品の買い物は、ネットショップを利用することにしました。買い出しが無ければ人との接触の80%は削減できます。
  • ②.ここ1年で生産性のない生活を改善してきましたが、このような事態では肩ひじ張らず、焦らずコロナが去るのを待つことに発想を転換しました。

[2].思いついたらすぐ実践!

外に出るのが楽しみの毎日が、家にこもる生活になり腰が重くなっていましたが、息子がキッカケを作ってくれたので、息子の部屋の掃除を手伝うことから始めることにしました。

14日間の待機生活が開けた翌日に、二階の収納から変な音(ゴソゴソ?)がするから見て欲しいと言われました。

見てみたらリュックサックが入っている袋から「ゴキブリ」が一匹出てきたのでやっつけました。

チャバネゴキブリのようですが、生きているやつを見たのは今年二回目になります。

ましてやゴキブリが音を立てたとは信じがたいのですが、確かに『何かが?』を察知したのですから息子の感覚には驚きです。

翌日には、エアコンの横の壁に昨日は無かった汚れがあるので見て欲しいと言われて行ってみたらゴキブリが吹きつけた糞のようでした。

1️⃣.ゴキブリ探しと収納の確認!

収納の中のものを全て出してみたら、細かくて黒い顆粒状のゴキブリの糞が落ちており、壁には糞が吹きかけられていました。

とりあえず、壁の糞を清掃して除菌したあと、ゴキブリいなくなるスプレーを巻きました。

侵入経路はわかりませんが、一応部屋の隅々を掃除したらベットの下にもゴキブリの死骸が2匹見つかりました。

2階の侵入経路は、エアコンの室外機からかトイレの換気扇しか考えられませんが、エアコンはまだ新しいので汚れもなく、室外機から侵入はなさそうです。

とりあえず、トイレの換気扇に網を張り侵入防止対策をしました。

👀関連記事👀 『ゴキブリ』ほど質の悪い害虫はいない!?家宅捜査して徹底的に清掃!?

ついでに、息子は断捨離をはじめて、衣類やバック、リックサックなどが沢山出てきたので、ジーンズ2本、リックサック、ショルダーバック等をゲットしました。

2️⃣.庭の手入れと花の種まき!

草むしりをしていて、雑草の逞しさを思った時、自然界の異変に対して人間はいかに無力なのかを痛感しました。

雑草は切られても切られても、際限なくすぐに復活してきますが、人間は一人では無力です。

天気のいい日は、30分くらい外に出て日光浴をすると免疫力がアップするといったことを聞いたことがあります。

紫外線を浴びすぎると、お肌に良くないデメリットはありますが、適度の日光浴は体にいいとのことです。

草むしりが一段落したので、昨年採取しておいた種をまいてみました。

花木については知識が足りないので、芽が出るかどうかは分かりませんが、咲き終わった花を乾燥させて取っておいたものです。

コロナ騒ぎで種まきが遅くなりましたが、以下の花の種をまきました。

  • ルドベキア(昨年採取)/開花時期:夏~秋
  • ジニア(昨年採取)/開花時期:夏~秋
  • マリーゴールド(昨年採取)/開花時期:夏~秋

種から育てるのは初めてなので咲くかどうか分かりませんが、夏に開花してくれて、そのころには新型コロナウィルスも終息していれば幸せです。

▪我が家は4月5日から緊急事態宣言を発令しています!?

4月7日(火)に東京都、大阪府など7都府県に緊急事態宣言が出され、16日(木)には北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6道府県を特に重点的な対策を進める「特定警戒都道府県」と位置付けました。

16日(木)の夜には全国に緊急事態宣言が発令され、期限は5月6日までとなりました。

日本政府のやりかたは、生ぬるいのではないかとの批判もありますが、批判は一時置いといて、個々人が自覚した行動をとることが一番の感染防止対策ではないでしょうか?

[1].我が家は4月5日(日)から緊急事態宣言を発令

息子が4月5日(日)にカナダのトロント近郊からバンクーバー経由で帰国しました。

4月3日から政府の水際対策が強化され、カナダからの帰国者もPCR検査の対象になりました。

トロントやバンクーバー空港での感染リスクも心配でしたが、特に成田空港での検疫待ちは管理がずさんで感染が怖いとの情報もありましたので、息子には注意するよう情報提供しておきました。

息子が帰国する前日あたりから対策が取られて、PCR検査待ちの間は飛行機内で待機することになり、リスクが下がり少し安心しました。

空港の検疫所で、質問票の記入、体温の測定、症状の確認などが求められ、全員にPCR検査が実施されたとのことです

到着してから飛行機内で約1時間待機~PCR検査待ちが30分ほどで検査は2~3分で終了したとのことです。

その後、空港内で2時間ほど待機した後に、検疫所長が指定の近くの東横イン成田空港本館に案内されたとのことです。(トータルで約4時間ほど掛った)

一般の公共機関も使用できませんので、成田まで迎えに行くことになりましたが、PCR検査結果が出るまで、ホテルに滞在できることになり当日の迎えは無くなりました。

4月7日(火)朝に電話連絡でPCR検査の結果は『陰性』と判明し一安心しました。

自宅で待機する旨を申請して帰宅することになりました。

公共機関は使えないので、成田の東横イン成田空港まで迎えに行きました。家族の迎えの車に乗るまで運営本部の担当者が確認していました。

[2].家庭内での隔離生活のルールを決める

家庭での待機期間中の生活は厚労省が発行の『新型コロナ...家庭内での注意事項』を基本に生活することを家族間で確認しました。

陰性ですが感染の疑いを持って接しないと対策が甘くなるので家族で徹底しました。

1️⃣.家の中の基本的なルール!

徹底したことは、以下ような項目です。

  • 息子と年寄3人の動線を極力分離したこと。
    部屋を分離(息子は極力2階で生活し外出は一切なし)
    お風呂とトイレを分離
    食事は2階で食べさせる(手渡しせずに指定場所に置いておく)
    会話はLINEで行う
    洗濯物は別々の洗濯機で行う。
    家庭内でも直接話す必要がある場合はマスクを着用(息子は常時着用)
    ゴミ等は別々に薄いレジ袋に入れておきゴミ回収日にゴミ回収袋に入れる。
  • 役割分担を決めたこと。
    黒やん69➡買い物(極力一人で行く)/食事の後片付け/掃除全般/宅急便等の受け取り
    妻➡洗濯/食事の支度/ドアノブ等の除菌/郵便物や新聞取り
    息子➡洗濯/自分の部屋の清掃
  • どこにでも新型コロナウィルスが付着していると思って行動し、マスクの着用と手洗い、うがいをこまめに行うことを徹底した。

2️⃣.食料品等の買い出し時の注意!

今までは、健康を考えて毎日のように歩きで何軒も回って買い出しをしていました。

メリットは、歩くことで健康促進に繋がるのと、安いものを購入できることです。
デメリットは不特定多数の人と接触する回数が増えることです。

改善策としては、多少高いものを購入することになりますが、接触回数を減らすことを最優先に考えて1軒で購入することで感染リスクを減らしました。

☆スーパーも感染対策が進んできました。

つい最近までは、レジ待ちで客がくっついて並んでいるので心配でしたが、店側でアピールしてくれたので良かったです。

  • レジ待ちの時に客が密接しないように、間隔をとるマークを設置するようになった。
  • レジに透明のビニールシートを貼って飛沫感染防止対策をしています。
  • 除菌アルコールが置いていない店はごくわずかになりました。

3️⃣.外出時及び帰宅時の注意!

以下のことを注意しています。

  • 外出時は必ずマスクを着用する。
  • 買い物時は、入店時と退店時に必ず手をアルコール消毒する(アルコールの置いていない店に行ざるを得ない時は除菌アルコールを携帯する)
  • 帰ったら家に入る前に、外の水道で手を洗う。
    家に入ったらハンドソープで手を洗い、うがいをする。
    買った物で水洗いできるものを妻が水洗いする。
    買い物で使った財布やクレジットカード類は、帰ってからアルコールで拭く。

[3].14日間の待機から解放されても気は抜けない

4月19日(日)、明日が14日間の待機期限です。
現在、息子も家族も体調に問題はなく熱もないので感染の心配はないようです。

本人にとっても家族にとっても不便な日々でしたが明日1日の我慢で解放されます。

明日1日の我慢で我が家の緊急事態宣言は解除となります。

これで家庭内での制約は少しは減るのでストレスも減ると思います。

しかし、現在は全国都道府県に緊急事態宣言が出されていますので、極力不要不急の外出を控えて辛抱するしかありません。

まだまだ先は長そうです。治療薬やワクチンが早く開発されることを望むばかりです。それまでは、気が緩まぬようにみんなで頑張りましょう!

新型コロナウィルスに打ち勝つには、個々人が人との接触を8割削減することを政府が要請しています。

3密を避けて、手洗いとうがいをこまめにしましょう!?

▪復興の槌音も希望の春も新型コロナウィルス感染拡大で台無し!

投稿日:2020-03-08 更新日:2020-04-02

台風19号被害からもうすぐ5か月になります。

予想より早く復旧が進んでおり、災害ゴミもきれいに片付いて、あちこちで家の修復や解体などが目立ってきた故郷とちぎ!

被害を受けた妻の実家も2月いっぱいで残置物の処理が終わり、後は解体業者に見積もりをお願いする段階になりましたが、新型コロナウィルスのせいで予定が狂ってきそうです。

1.とちぎ蔵の街の様子!

黒やん69の住まいも妻の実家も栃木市の中心街から1㎞圏内にありますが、妻の実家は2度の水害に遭っています。

よく散歩に行く運動公園の早咲き桜が満開ですが、新型コロナウィルス来襲のせいで希望が膨らむ春なのに、出来るだけ外出を避けて家で過ごすしかありません。

3月7日 栃木市総合運動公園の早咲き桜
  • 蔵の街の中心街を南北に流れる巴波川と2㎞ほど西を流れる永野川沿いは、黒やん69の散歩コースの一つですが、台風被害の爪痕はまだ残っています。
  • 毎日4,5㎞を散策しながら歩きますが、家を解体して更地になったところが目につきます。また、家の修復やリフォームも活発なようです。
  • 市立の小中学校の臨時休業期間は、3月2日から3月24日となりました。
  • 3月5日夜に、県南健康福祉センター管内で2人目(30代の女性)の新型コロナウィルス感染が判明したと県が発表しました。
  • いま街中で一番人ごみが多いのはスーパーです。自宅から2㎞圏内に行きつけのスーパーが9軒あります。
  • あるお店で先週の日曜日だったか定かではないが、普段では見かけない混みようで、不思議に思っていたら理由が分かりました。
    デマのせいでトイレットペーパーを買っていた人が多かったからです。
  • 食料品は欠かせないので感染リスクが一番高いが行かざるを得ません。 行きつけのスーパーは入り口に消毒液のスプレーが置いてあるので、入る時と出る時に消毒できるので安心感はあります。
  • 3月5日にかかりつけの医院に定期検査に行ったのですが消毒液が置いてなかったのには驚きでした! スーパーに消毒液が置いてあるのになぜなのでしょう??

2.スポーツ選手もファンもがっかり!

待ち望んでいたスポーツイベントが中止になったりで残念ではありますが、中東カタールのドーハから嬉しいニュースも届けられました。

オリンピック代表の卓球の伊藤美誠ちゃんが、リオ五輪金メダリストの丁寧(中国)を4-0のストレートで下し決勝に進みました。決勝は今日の21:00です。

今日( 3月8日 )からは大相撲春場所(大阪府立体育館)が無観客で初日を迎えました。

観衆の声が無いので不思議な感じですが、力士達はいつもと変わらず真剣な相撲を見せてくれました。

寂しいですが新型コロナウィルス感染拡大を少しでも抑えるためには致し方ないと思います。

3.社会の混乱を増長するデマを飛ばしたり、あくどい事をしないで!?

少数のずるがしこい人間が混乱に乗じてあくどい商売をしたり、混乱を増長するデマの発信は、日本だけの話ではないが、情報の信憑性を確認もせずに、すぐに乗ってしまい拡散する人間もいかんともしがたい。

SNSは誰でも安易に情報を発信できるので、情報を受取る側にも責任がある。
もし誹謗中傷で特定の人が餌食になったら凶器以上にもなり得るから怖い!

日本はデマを飛ばした人間を特定しても法律での罰則はないのだろうか??

トイレットペーパーが品薄になるとデマを飛ばした人間は、雇い主の謝罪で終ってしまい、社内の厳罰は受けたとしても、法律で罰則を定めないのは甘いのではないでしょうか!

またマスクにしてもメルカリやPayPayフリマや大手ネットショピングでもマスクが掲載されているが、価格が適正なのか疑問だし、こういった商品を運営者が規制しないのも疑問に思う。

政府は近いうちにマスク転売を原則禁止の政令を発行する予定だが、まだショッピングサイト等には高額なマスクが載っている。

▪新型コロナウィルス感染対策は今が我慢のとき・ニコニコ動画を見て学ぶ!

2月25日(火)に新型コロナウィルス感染症対策の基本方針が出されてから、9日が経過しました。

毎日のように新型コロナウィルス感染拡大のニュースで各TV局ではコメンテーターの招集合戦みたいで、議論百出はいいとしても行き過ぎた報道も見受けられるのは残念です。

いいニュースもあった今日!いまは個人でできることをして朗報を待つのみ!

よくないニュースばかりでしたが、今日明るいニュースがありました。

武田薬品工業が治療薬の開発を発表し、最短9か月程度で実用化するとのニュースがありました。

また、 日本のバイオ製薬企業である アンジェス㈱が大阪大学と共同で新型コロナウィルス対策のための予防用DNAワクチンの開発に着手したと発表がありました。

大阪大学大学院の森下竜一教授(医学系研究科臨床遺伝子治療学)は記者会見で、共同開発するワクチンは短期間で大量生産することが可能であり、安全性が高く副作用も想定されないという説明でした。

その上で、早ければ6か月で臨床試験ができるとの見通しを示しており期待がもてる明るいニュースです。

ニコニコ動画で見る役立つコンテンツ!

感染拡大の対策として学校の一斉休校が始まりました。低学年の子供達には今起きていることが理解できない子もいるでしょう!?

休みになって、うれしい子供もそうでない子供もいることでしょう?長くなると家で閉じこもっているのは苦痛になってきますよね。

そんな時に、お薦めなサイトが 👀一斉休校でお留守番 親子に役立つサイト集👀 です。今日、読売新聞オンラインを見ていて、このことが紹介されていました。

  • ①.「休校中の子供たちにぜひ見て欲しい科学技術の面白デジタルコンテンツ」(科学技術広報研究会 臨時休校対応特別企画) ☚クリック
  • ②.家で学べる教材などを集めた経済産業省の「未来の教室」
  • 上記の他にも、期間限定ですが6つほどのサイトの紹介がされていました。

全ては見切れないので、興味があるものを探して見てみようと思ったら、上記の①のコンテンツの中に「のんびり延々と見たくなる映像」のタイトルが目に留まりました。

黒やん69が興味を覚えたコンテンツは「気候変動会議」です。
4時間近い長い動画ですが、環境問題に興味があるので見てみました。

画像をクリックで拡大!

視聴するには「niconico会員登録」が必要です。
メールアドレス、パスワード、ニックネームとプロフィールの登録をして完了。

仕事を持っている親御さんたちは、この期間が長くなればストレスが溜まりますよね!?大変でしょうが頑張ってください。

でも避けられないなら開き直るしかないので、親子ともどもいい勉強の機会だと思って、お子さん達に教えてやって下さい。

黒やん69は、勉強嫌いな子供でしたが、今になって勉強の大切さを知りました。

ICT(情報通信技術)の発達で、情報が溢れている時代ですので、情報を上手に活用することが難しい面もありますが、昔に比べたら無料で情報が入手できるいい時代です。

老人もいい機会ですので、興味のあるコンテンツを探して学習するのもボケない対策と思いませんか!?

何か昨年から韓国問題が有ったり、台風被害にあったり、バカ陽気の冬だったりで経済活動にも影響が出ているところに来て、新型コロナウィルスに追い打ちをかけられ令和2年は大変な年になりそうです。

新型コロナウィルスの発生も異常気象に起因しているのではないかなんて素人の考えですが思ってしまいます。

個人的にも今は、いいことが無くて耐えるしかありません。

東京オリンピックだけは国民の希望ですので、中止にならないよう新型コロナウィル感染を少しでも拡大しないようにみんなで難局を乗り越えましょう。

▪韓ドラ『世界の終わり』を連想させる新型コロナウィルスの無症候キャリアが怖い!

投稿日:2020-02-26 更新日:2020-04-02

2020年1月24日★新型コロナウィルス感染の発生源と思われる中国の湖北省の省都・武漢市を封鎖とのニュースが飛び込んできた。

中国本土での感染は31省、直轄市、自治区のうち27に拡大しているとのことで、ヤバイと思ったが、まだ対岸の火事的な感じで見ていた。

1か月が経ち、感染のスピードが早い。
症状がない陽性の人 (無症候キャリア(※)) がいることが判明したことが恐ろしい!?

(※) 病原体による感染が起こっていながら、明瞭な症状が顕れないまま、他の宿主(ヒトや動物など)にその感染症を伝染させる可能性のある宿主のこと。

1.中国・湖北省武漢市が発生源?

武漢市は湖北省の省都であり、中国有数の工業都市、文教都市で交通の要衝でもあり大都市である。

人口: 1108万 (2018年)、市区人口(2016): 858.82 万人、「市区人口密度: 15,170 人/km²

東京都の世田谷区や練馬区の人口密度に匹敵する大都会である。

1位「豊島区22,380 人/km²」・2位「中野区21,053 人/km²」・3位「荒川区20,892 人/km² 」・13位「世田谷区15,562 人/km²」・14位「練馬区15,011 人/km²

武漢市の海鮮市場が、新型コロナウィルスの発生源と言われていたが、最近中国政府機関の研究報告では、海鮮市場ではない可能性を示唆している。

2.《1月24日》武漢封鎖以降の報道!

  • 1月26日★安倍総理は、中国湖北省に滞在の日本人が帰国できるようチャーター機を手配する方針を発表。
  • 1月29日★第1便で206人帰国➡1月30日第2便で約200人帰国➡1月31日第3便で約150人帰国➡2月7日第4便で198人帰国➡2月17日第5便で65人帰国。
  • 1月30日★「緊急事態」宣言。WHOのテドロス事務局長は、中国湖北省武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスについて「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。
  • 2月1日★ダイヤモンドプリンセス号で香港の男性の感染を確認。船籍登録国は英国、運航会社は米国企業、今回の内外からの批判について、茂木外相は感染対応、国際社会に問題提起していく方針。
  • 2月3日★ダイヤモンドプリンセス号は1月20日に横浜港を出発し、鹿児島、香港、ベトナム、台湾、沖縄に立ち寄り、2月3日に横浜港に寄港。
  • この航行中の1月25日に香港で下船した乗客が、1月19日から咳を認め、2月1日に新型コロナウィルス陽性が確認された。
  • 2月23日★栃木県内で新型コロナウィルス感染者がでた。翌日の報道で小山市の方で、ダイヤモンドプリンセス号の乗客と分かった。19日に下船した夫婦ですが、奥さんが陽性と分かった。(黒やん69の隣の市なので身近に感じます)
  • 2月24日★WHOのテドロス事務局長が感染拡大を続ける新型コロナウィルスについて、「パンデミックに備える必要がある」と警戒を呼びかける。
  • 2月25日★ 韓国の文在寅大統領は、政府の感染症に関する警戒レベルを4段階のうち最も高い「深刻」に引き上げ、対策を強化する方針を示しました。

3.《1月24日以降》の国内外の感染状況!

情報提供元:厚生労働省  報道発表一覧(新型コロナウイルス)

下記の抜粋情報は、1月22日から1週間ごとの国内外の感染状況です。

画像を拡大するなら ⇧画像 をクリック
画像を拡大するなら ⇧画像をクリック
画像を拡大するなら ⇧画像をクリック
画像を拡大するなら ⇧画像 をクリック

4.韓ドラ「世界の終わり」を連想し怖い!

ふと、韓ドラ「世界の終わり」を連想してしまった。

ドラマのような状況に陥ったら人はどのような行動をするのか?恐怖で冷静さを失い正しい判断ができなくなるだろうと思うと恐怖を感じる。

《あらすじ》: 韓国科学技術院・疾病管理本部の調査チーム長(男優:ユン・ジェムン)と新人調査官(女優:チャン・ギョンア)の二人を中心に、致死率100%の謎のウィルスに挑む、パニック・ヒューマンドラマ。

疾病管理本部の疫学調査チームに新人調査官が加わった日、深刻な感染症の疑いがある男が発見される。調査チームは感染者の男が接触した人物の割り出しを急ぐ。

やがて感染者と親しかった遠洋漁業船の乗組員の青年が浮かび上がる。

操業中に沈没した遠洋漁業船の乗組員129名が行方不明。事故から唯一生還した乗組員が1人いた。(この事故は船主が事実を隠蔽するための偽装沈没だった?)

生還した彼に接触した人物は次々と謎のウィルス感染によって亡くなっていく…..

彼は 無症候キャリア であることから、彼から抗体を抽出してワクチンを作るために彼を追い始める調査チーム…..しかし彼は逃亡をしてしまう。

この過程で、ウィルスが疾病管理本部にも入り込んだ可能性が分かり、パニックになる。管理本部のメンバーの子供も感染した。

管理本部のメンバーや科学者の思惑、隔離された感染者の狂気など、様々な人間模様が交差する恐怖のストーリーでした。

5.新型コロナウィルスがこれ以上蔓延したら…

現在でも、マスクの購入で行列を作る中で、並びの順の問題で感情的になった女性が、取っ組み合いのケンカをしている動画が報道された。

今は、国や自治体の指示で個々人が冷静に対処しなければならないのに、こういういさかいを起こす人が出てくる。

デマの横行や勝手な行動をする人がでてくると暴動の引き金となりうる。今はSNSで情報がすぐに拡散するので防御する時間が取れない。

WHO(世界保健機関)が 「パンデミックに備える必要がある」と警戒を呼びかけているのは、民衆の理性の無い行動を統制することも一つにはあるのではと思う。

先日、ダイヤモンドプリンセス号の医療に携わった人が、元の職場や病院に戻ったら、汚れたものを扱うようなパワハラを受けたといった報道があった。

確かに、院内感染などは絶対に防がないといけない話なので、そういう意味での忠告だったのか、単なる悪ふざけだったのかはいざ知らず、事実であれば人として恥ずべきことだと思う。

国内外メディアや中国の医療関係者からは、日本の対応の甘さを指摘されており、賛否両論はあるが、黒やん69としては日本は平和ボケしているのではと感じる。

世界の列強は、みな軍隊を持っている。常に最悪のシナリオを想定しており、例えば生物化学兵器が使用された場合の対応とかも出来ていると思われる。

特にアメリカや韓国は大統領の権限が強大で決定にスピード感がある。その点日本の政治体制と違う気がする。

中国の習近平主席などは、今回の武漢閉鎖でも、物を言わせぬ強大な権限でスケールが大きい指示をしている。

6.この2週間が分水嶺になる?

武漢市が封鎖されてから2月23日で1か月が経過した今、世界中に感染が拡大しており、日本も非常事態であると思う。

専門家の人たちは、ここ2週間の対応が感染をどこまで防げるかどうかの分水嶺だと思っているようだ。

人類は良識ある人の方が多いと思うが、一部の少数の人たちが、パンデミックの引き金になる可能性を否定できないだろう!?

厚生労働省のサイトを見れば政府の基本方針や現状が逐一更新されているので、チェックできるが、かみ砕いて簡単に分かりやすいのは、自治体のホームページだと思う。

黒やん69は栃木市のホームページから、印刷して壁に貼りました。
👀新型コロナウイルス感染症情報👀

人に迷惑をかけないよう出来ることを心掛けて、沈静化するまでは注意事項を守り落ち着いた行動を心掛けようと思います。